一度は行きたい小浜島「はいむるぶし」の宿泊レポート(口コミ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「はいむるぶし」は、NHK 連続テレビ小説『ちゅらさん』の舞台となった小浜島にある沖縄最高のリゾートホテルのひとつです。

青い空、キレイな海、幻想的な星空、色々な動物たちとの触れ合い等すべてが揃っているホテルです。

それに価格もそれほど高くなく、コストパフォーマンスがかなり高いホテルです。

以前泊まった時の体験をもとに、このホテルの良い点、ちょっと残念だった点をお伝えできればと思います。

小浜島までは石垣島まで飛行機、石垣島からは船で最短25分でいけます。
ご家族や大切な人と是非行ってほしいホテルです。

スポンサーリンク

はいむるぶしの良い所

リゾート気分を盛り上げる部屋とテラスでのんびりお昼寝

部屋はキレイだし、窓から見える景色も、海と空と緑と素敵です。リゾートにきたーーーって気分にさせてくれます。

気に入ったのが、ベランダが広く、ソファーが置かれてるところです。

このソファーの上でのんびり昼寝をしたら最高のリラックスですよね。

※部屋はプレミアムオーシャンビューの部屋でしたが、スイートとなると、バルコニーがもっと広いそうです。

専用カートに乗って敷地内の自然散策

はいむるぶしの敷地はすごく広いため、カートで回ります。

カートがないと楽しさが半分になってしまうので、宿泊プランはカート付きのプランが絶対オススメです。

このカートで敷地内を走って、海岸、サンセット広場、夜星などを観に行きます。

至る所にハンモックがあるので、カートで色々立ち寄りながら旅と自然を楽しみましょう!

海岸とサンセット広場のハンモックです。

カートに乗りながら、ふと周りをみてみると、色々な生き物を発見できます。

写真のアヒルだけでなく、水牛やヤギ、馬などもいます!

感動する星空

はいむるぶしは星空が綺麗にみれるように、夜の間、建物の灯を抑えています。

だからホテルの部屋から見る星空も綺麗なのですが、オススメは海岸で見る星空です。

海岸にあるハンモックから眺める星空は、言い表す言葉がないくらい感動します。

※画像は借りてきました。

星空は、周りが暗い所でみるほど綺麗にみえます!

是非大切な人と一緒にみてください。

発酵朝食でデトックス

はいむるぶしでは、『ぬちぐすい(沖縄の言葉で「命の薬」)』をコンセプトに、心と体を喜ばせる「発酵食」を提供しています。

前日19時まで要予約かつ数量限定ですが、朝食ブッフェの方は+1,500円で発酵朝食にかえることができます。

朝食の発酵食は、お粥です。ゴーヤ、ウコン等沖縄の特産を使っているし、とても美味しいです。

食後のデザートも素敵ですよね。+1,500円の価値はあると思います。

はいむるぶしの残念な所

ちょっとだけ残念な所がありました。

シャワーの排水溝の流れが悪い

シャワーを浴びた時に、排水溝の流れが悪く、足元に水がたまって少し気持ち悪かったことです。

部屋に入ってすぐに確認して、何かあれば、フロントに連絡しておいたほうがよいかもしれません。

夜の民謡ライブに少しがっかり

僕たちが行った時だけの話かもしれませんが、夕食前にロビーで三線ライブが開催されるとのことで楽しみにしていたのですが、ライブが始まってから20分以上、三線をまったく弾かなかったことにはがっかりでした。

人によってはいいのかもしれませんが、三線ライブで民謡を聞きたいと思っている人は、事前にフロントの人にライブのプログラムを聞いておいたほうがよいかもしれません。

まとめ

はいむるぶしは本当にオススメのホテルです。

他にも、ホテル内には、大浴場があったり、プールがあったり、海岸にカフェがあったり、朝ヨガができたりと色々楽しめます。

ホテルの外にでて『ちゅらさん』の名場面をめぐるサイクリングもできます。

また他の離島にいって、観光したり、水牛の牛車にのったりもできます。

体験できることがたくさんあるので、最低2泊3日以上することをオススメするリゾートホテルです。

はいむるぶしの公式HPはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました