自転車のペダルを外す方法!外れない時の対処法は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ自転車を10年以上乗っていると、色々なことが起きます。

最近、左のビンディングペダル付近から異音がするので、ペダルを変えてみようと思っていますが、まずは、現在のペダルを外してみました。

スポンサーリンク

必要な工具

必要な工具は6角レンチ(8mm)です。

なるしまフレンド(神宮店)で600円で購入。

柄の長いものを買うのをオススメします。(理由は後述します)。

ペダルの外し方

ペダルの外し方は簡単です。

図のように六角レンチをかけて、矢印の方向に力をかけるだけです。

左側のペダルの場合は↑。

右側のペダルの場合は↑。

ネジが固くてペダルが外れない場合の対処方法

僕の場合、8年前に今のペダルにしてから、いじったことがなかったので、手の力だけではペダルが外れませんでした。

そこであるアイテムの力をかりました。

そう、「KURE5-56」です。

「KURE5-56」をネジのまわりに吹き付けて5分ほど放置、その後レンチの上に片足をのせて全体重をかけたところ、ペダルは外れました!

なお最初に記述した「レンチの柄が長いとよい理由」は、自分がレンチの上に乗るからです!短いとレンチの上に乗れないと思います。

外れたペダルです。

注意点

① 体重をかける際のバランスに気をつけて

レンチの上に片足立ちをする際は、バランスに気を付けてください。すぐに手をつける壁などあると安心かもしれません。

②ペダルレンチが使えない場合あり

ペダルによっては、ペダルレンチが使えない場合もあります。

僕のアルテグラペダルは使えませんでした・・。

ペダルレンチの購入には注意しましょう!

なおサークルメンバーオススメのレンチブランドは「ホーザン」だそうです。

ホーザンのレンチ。

でかいし、重いです。しっかり機能してくれそうです。

今回は出番がありませんでしたが、新しいペダルをつける時に使います!

励みになるのでポチッとお願いしますにほんブログ村 自転車ブログへ
コラム
スポンサーリンク
caad8cycle@gmail.comをフォローする
輪行で旅をしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました