ペダル付近から異音がするのでクランク周りを掃除した結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

10年以上自転車に乗っていると色々とトラブルにあいます。

今困っているのは、左ペダル付近から異音がすること。

左ペダルに体重をかけずに、右ペダルだけでこぐと異音はでないので、ペダルが問題かなと思ってペダルを交換しましたが、異音は改善しませんでした。
その時の記事はこちら

そこで左クランクを掃除することにしました。

スポンサーリンク

左クランクの外し方

外し方は簡単です。

矢印のネジを緩めるだけです(反対側にもあります)。

緩めた後クランクはすぐにとれます。

とれました。めっちゃ汚いです・・。

取り外した部品です。はて、気づいたら見知らぬ部品がありました(写真の緑色の〇で囲った部品)。

ネットで調べたら「外れ止めプレート」という部品でした。

さて、この後はクリーニングですが、我が家にはクリーナーもなかったので、家庭用洗剤と綿棒と雑巾で、13年分の汚れをきれいにしました。

左クランクの取り付け方

掃除した後は元に戻します。

順番は次の通り。

まずはグリスを塗ってからクランクを取り付けます。

その後は以下の手順です。

① クランク取付ボルトをつけます(回すには専用の工具「TL-FC16」が必要です)。

②「外れ止めプレート」をつけます。

③ネジをしめます(両側が均等に締まるようにしましょう。)。

「外れ止めプレート」には突起(写真の緑の〇)があります。突起をシャフトの穴(写真の青の〇)にはまるように元に戻してください。

この向きで「外れ止めプレート」をいれます。

異音は解消したのか?

はい!異音はなくなりました!

ネジを締めただけでは解決せず、ペダルをかえても解決しなかったのに、クリーニングしたら解決したということは、13年乗った自転車のクランク周りのネジが緩んで、そこから汚れが侵入して、音鳴りの原因となったのかなと推察します。

注意点

「外れ止めプレート」がクランクからはみ出ていないかを確認

矢印の部分から「外れ止めプレート」の一部がはみ出ていたら、プレートがうまくはまっていないので調整してください。

うまくいった場合の写真です。

クランクの取り付け角度に注意

最初、何も考えずにクランクをつけたら、不思議な自転車になりました。

はい、ペダルが両方とも同じ位置についてます。漕ぐことはできません。

取りつけ角度には注意してください。

励みになるのでポチッとお願いしますにほんブログ村 自転車ブログへ
コラム
スポンサーリンク
caad8cycle@gmail.comをフォローする
輪行で旅をしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました