ロードバイクのコンポーネントを交換する費用・工賃、必要なパーツを教えます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今のお気に入りの自転車はずっと使いたいので、フレームは変えずにコンポーネント(通称コンポ)だけを新しいものに交換したい場合がありますよね。

その場合にどの程度の費用がかかるのか、コンポーネントセット以外に何を購入する必要があるのか分からないこともあるかと思います。

そこで僕が交換した時に分かったことを記事にするので、コンポ入れ替えの際の参考にしてください。

スポンサーリンク

コンポーネントセットとは。

コンポーネントセットとは、自転車の駆動・制御系パーツのセットのことです。

これはこれまで使っていたコンポセットです。

今回は、2018年に発売されたShimano 105 R7000をチョイスしました。

セットは以下の7点のパーツからなっています。

パーツ型番重量
レバーST-R7000500g
フロントディレイラーFD-R700095g
クランクセットFC-R7000 50×34t713g
リアディレイアーRD-R7000225g
スプロケットCS-R7000 11-28T284g
チェーンCN-HG601257g
前後ブレーキBR-R7000379g
合計2,453g

これまで使ってたコンポーネントは、13年前のコンポーネント 105 R5600 セット(2,510g)なので、R7000に交換することで60g程度軽くなる計算です。

気になる価格はお正月の福袋価格で50,000円(税込み)でした!。

コンポ交換の際に他に必要なパーツ・アイテム

コンポーネントセットを交換するのには、他に二つのアイテムが必要です。

・バーテープ

ハンドルに巻くテープです。シフトレバーを付け替えるので新しいバーテープが必要になります。

・フロントディレイラー用アダプター(SM-AD91)

フレームにフロンドディレイラーを取り付けるためのアダプターです。

フレームの口径によって、サイズが異なるので、購入の際は注意してください。

コンポを交換する費用・工賃

費用ですが、取付工賃(16,500円 By Y’sRoad@2019)  がかかります。

他に、フロントディレイラー用アダプタとバーテープとコンポーネントの代金が必要になり、僕の場合は、合計69,753円(税込)でした。

これ以外の費用はかかりませんでした。

作業には1週間程度かかりました。

コンポ交換後の外観の変化について

新しいロードバイクをお披露目します!。

まずはコンポーネントセット変更前の自転車です。

クランクやブレーキがシルバーで、レバーがかなり大きい印象を受けます。

そして次が新しいコンポーネントを装着した自転車です。

クランクやブレーキがブラックになり、ハンドル周りもコンパクトになっており、シックでいい感じです。

それにしてもやっぱりこのフレーム好きです。13年前のものだけど、赤と白と黒のハーモニーがちょうどいい!。

ケーブルも内蔵されたので、ハンドル周りもすっきりしてます。

といっても、今売ってる自転車はすべて↑のようにケーブル内蔵なのですが。

これからもこのCAAD8に乗り続けたいと思います!。

励みになるのでポチッとお願いしますにほんブログ村 自転車ブログへ
コラム
スポンサーリンク
caad8cycle@gmail.comをフォローする
輪行で旅をしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました