クレジットカード付帯の海外旅行保険のおすすめ活用方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外では何か起きるか分からないので、海外旅行に行くときは保険加入は必須だと思っています。

でも旅行会社から提案される保険や、空港で加入する保険は、それなりの費用がかかりますよね。

そこで、クレジットカードに付帯した海外保険を応用することで、費用はを抑えて、大きな保険金額を得る方法を教えます。

スポンサーリンク

クレジットカード付帯の海外旅行保険で知っておくべきこと

一番大切な保険金項目は傷害・疾病治療保険金

僕が海外旅行保険で一番重要視する項目は、海外で病気やケガをした時に払う傷害・疾病治療保険金です。

死亡などに比べて、旅行中にケガや病気になってしまう可能性は高いので、傷害・疾病治療保険気により重点を置いて保険を考えておくべきです。

複数枚のカードを持っている場合の保険金の取扱いについて

複数枚カードを持っている場合、障害・死亡保障は、複数のカード中で一番高い保険金が適用され、障害・疾病治療保証については、複数のカードの保険金の合算値が適用されます。

そのため、クレジットカードで海外旅行保険を考えた場合、金額の大きい傷害・疾病治療保険のついたカードを複数枚準備することが大切なことです。

保険は自動付帯と利用付帯があること

クレジットカード付帯の海外保険は、カード持っているだけで適用される保険(自動付帯)と、カードが定めた利用条件を満たした場合に適用される保険(利用付帯)の2つがあります。自動付帯と利用付帯の違いを理解しておかないと、実際は保険適用されないこともあるので、注意してください

利用付帯については、一般的に「公共交通乗用具」または「募集型企画旅行」をクレジットカードカード決済していることとしているカード会社が多いです。

詳細は各カード会社のHPにてご確認ください。

航空機遅延やロストバゲージ保険は基本なし

航空機が遅延・振替した場合や、空港会社に預けた手荷物がロスト(紛失)した場合の保険は、クレジットカードの付帯保険にはつかないことが多いです。

なお、遅延保険等が付与されているカードもあるので、各カード会社のHPをご確認ください。

海外旅行に行く際にどのクレジットカードを持つべきか教えます

エポスカード+メインカード案

一番簡単なのは、エポスカードとあなたのメインカードの組み合わせです。

エポスカードは年会無料で海外旅行保険が自動付帯する貴重なカードです。持っておいて損はありません。

エポスの保険金額は以下になります。

エポス
障害死亡・後遺症障害 500万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 270万
賠償責任 2,000万
救援者費用 100万
携帯品損害 20万
年会費 無料
付帯 自動付帯

エポスカードの保証金額は、傷害治療は200万、疾病治療は270万なので、この金額にあなたのメインカードの保険金額を加算させて、トータルの保険金額を計算してください。

エポスカード

エポス+イオン+ANAカード案

これは僕が使っている組み合わせで、エポスゴールド、イオンゴールド、ANAゴールドの組み合わせです。

カード3枚をあわせた傷害・疾病治療保険の保険金額は750万円となります。

ANAゴールドが僕のメインカードですので、皆様のメインカードをANAゴールドに置き換えて、保険金額を確認ください。

エポスゴールド イオンゴールド ANAゴールド
障害死亡・後遺症障害 1,000万 5,000万 5,000万
傷害治療費用 300万 300万 150万
疾病治療費用 300万 300万 150万
賠償責任 2,000万 3,000万 3,000万
救援者費用 100万 200万 100万
携帯品損害 20万 30万 50万
年会費 無料※1 無料※2
付帯 自動付帯 利用付帯 自動付帯

※1インビテーションでゴールド入会した時のみ 通常のゴールド入会は5,000円
※2イオンカードで100万円以上利用しないとゴールド入会不可

エポスカードはゴールドとすることで、保険金額が更にアップする最強のカードです

エポスカード

イオンゴールドカードは、2019年3月以前は、海外保険が無料付帯だったのでゴールドカードにしたのですが、2019年4月より利用付帯になってしまい残念です。

ただ、あなたのメインカードが利用付帯だったとしても、イオンゴールドで「公共交通乗用具」を払い、あなたのメインカードで「募集型企画旅行」の料金を支払えば、両カードの保険金額が適用されます。

余談ですが、イオンカードにはミッキーデザインのカードがあり、可愛くてオススメです!

可愛いですよね!

クレジットカード付帯の海外旅行保険のお得な使い方を理解できたでしょうか?

きちんと保険に加入した上で、旅をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました