都内の紅葉名所 日本庭園「六義園」へサイクリング!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトスポットされる紅葉が有名な「六義園」、場所はJR山手線駒込駅から徒歩6分のところにあります。

六義園では、紅葉だけでなく、日本庭園の美も楽しめます!

正門には駐輪場もあるので、サイクリングにはもってこいです。

スポンサーリンク

六義園について

六義園は江戸時代に建設された庭園です。

園内には、中央に大きな池があり、その池の周りを散策することになります。中には小高い小山もあり、登ると六義園全体を見渡せて気持ちがよいです。

園内全部が紅葉しているわけでなく、庭園の一部が紅葉している感じです。

マップです。図の下側の赤い矢印が正門です。紅葉や桜の時期で混雑すると駒込駅に近い右上の矢印の染井門も開放されるそうです。

池の周りの赤い点の部分が夜になるとライトアップされる部分です。

駐輪場は正門の裏にあるので、サイクリングでは正門に向かいましょう。

正門にはいってすぐの庭園入口です。ここで入場料(300円)を払って中に入ります。

六義園の紅葉について

六義園は、庭園と紅葉の調和を楽しめます。

園内の小山からとった写真です。写真のとおり、紅葉がすごいってことではないのですが、園内はとても整備されている庭園であることが分かります。

たくさんの紅葉はないのですが、ひとつひとつの紅葉が「美」を持っているのが、六義園の特徴だと思います。

正門からはいってすぐの池の手前でみることのできる、趣のある紅葉です。

「美」を感じますよね!。

ここがライトアップされたことを想像すると・・・とても素敵ですよね!。

染井門に近い水際での紅葉です。

イチョウもちゃんとあります!

まとめ

山手線内にある庭園「六義園」ですが、紅葉はそれほど多くはないのですが、日本庭園と紅葉の調和を楽しむことができます!。

駐輪場もあるので、是非いってみてください!。

園内は徒歩で散策するので歩きやすい靴がオススメです。

自転車で少し走れば、東京大学や椿山荘での紅葉も楽しめます!。

コメント

タイトルとURLをコピーしました